イラストレーション

故 梶原いづみ(梶原 泉)【かじわら・いずみ】広島県福山市


故 梶原いづみ(梶原泉) 展示作品

1.空

雲は大きいよなあ 大空はドラマだよな・・・
1997年 FMふくやま 「小さなオルゴール」 にて 鈴木美穂さん朗読

2.ミモザ

春めいて 丘の斜面にはヒヨコのうぶ毛色のミモザの花
ぽっぽっと 花明かりのよう・・・

3.時のたてごと

アポロンやオルフェウスや ギリシャの神々が 奏でたというたてごとその美しい音色に合わせて 詩をポロンポロンとつま弾いてみたい
1993年12月16日 「ズームイン朝/のポエム」 バラライカ演奏バックに朗読

4.さくら

保育者:「手のひらに持っているもの、なあに? こども:「あのね、さくら。
ひらひら~っとね、とんできたんだよ!」

5.もしも・・・

もしも 生まれ変わるものなら鳥に生まれ変わりたい
何にも捉われることなく 自由に大空を飛んでみたい
自然の厳しさは 容赦なく その小さな肩を打つだろうけれど
いつも大空に向かって 生きる喜びを 声高らかに謳っていたい!
1992年8月広島県高野町〈りんご今日活国)
パラグライダー教室のテーマ詩

6.流れゆく雲

流れゆく雲のように 何も考えることなく 過ごしてきた日々
流れのままに従って 漂よい続けてゆく 舟のような日々
何もかも自然の手にゆだねて 過ぎてゆく日々
何のてらいもなく 何の怖れもなく 漂うのはあなたの大空
亜麻色の光が包む
ゆっくりと流れてゆく
私は雲・・・

7.鳥のように・・・

鳥のように
蝶のように
花のように
草のように
羊のように
水のように
風のように
雲のように
雪のように
時のように
夢のように
愛のように

そんなふうにわたしは生きたいなあ・・・

(上の作品) 1992年8月4日フジテレビ「いま、青春」 (風の芸術家・新宮晋さん番組にて放送)

8.雲

そこに雲 ふわっと雲
思いがけないものに 出会ったように
僕の心は解き放たれて
あの虹色の雲めがけて まっすぐに上昇する
そこに雲
ふわっと雲
僕の心を包んでくれる雲
1998年2月14日 上梓 「雲~フランチェスコの青春」のテーマ詩

9.無題

彷徨(さまよ)える魂 悩み多し・・・
しかしこの深い霧もやの中 何かがしっかりと動くのだ
1992年3月31日 フジテレビ「いま、青春」 若田部健一選手のバックに放送

10.笛

アッシジのフランシスコが 「神さまの器になりたい」と言ったように
私も 神さまの笛のなりたい
自らが管なって
神さまの息に吹かれたい

11.風のたてごと

風がひいているたてごとの やさしい響きが
心を慰めてくれる秋
目に染み入りそうな青い空に
黄色と赤に染まった 一枚の葉が舞いおどる
ポロロン ポロロン
いつしか体が踊り出す
葉っぱといっしょにデュエット
風がひいているたてごと
ポロロン ポロロン 静かにおどろう・・・ ・・・
良い音色が出せるといいな
1992年2月3日発売 「季刊ポルカ」〈6号〉掲載

12.幸せ

幸せっていうものは 陽の光に照らされ
いつも私を見てくれている
大きな存在に気づくこと
幸せというものは
ただ 生きているという その事だけにうれしくて
涙がぽろぽろ とめどなく出てゆく
そんな何でもないこと
あなたと出会えた 幸せを思う・・・

13.あどけない青

あの空の向こうの 色にならない色は あどけない青
水色ではない
空色でもない
光をふくんだ 空気の青 私の好きな青
心がまっ直ぐに 空に向かってゆく
とけこんでしまいそうだ
あの色
あどけない青・・・

故 梶原いづみ 作品展情報

〈梶原さんが残して下さったもの〉
2008年12月25日に梶原いづみさんが火事のため、お亡くなりになりました。 梶原さんはとても気持ちのやさしい方で、色んな方に携帯電話のメールでたくさんの「詩」を送られていました。お葬式は仏式でしたが、翌日ある教会では追悼のミサも行われ、梶原さんのいくつかの詩が朗読されました。その詩はメールで色んな方に届けられていました。ミサが終わった後、梶原さんの作品をみんなで鑑賞しました。偶然、16点の作品が、2009年のミニ作品展のため教会に預けられていたので作品は無事でした。 また、娘さんと息子さんは無事です。 皆さんのご厚意により 二人ともがんばっています。温かく見守ってあげて下さい。

運営会社 株式会社ズームコーポレーション  プライバシーポリシー  利用規約