イラストレーション

古谷邦博【こたに・くにひろ】広島県福山市


古谷邦博 展示作品

1.雪世界

あるクリスマスの日、ひとり寂しい少女がいた。 そんなイブの夜、少女はでんわをかけようとしていた。 そのとき、空から雪と一緒に天使が舞い降りてきた。 少女はびっくしりし、しばらく動けなかった。 天使は彼女の寂しい気持ちと寒いのかと思い、 手の平からあたたかい炎をだした。 少女は暖かい気持ちになり、 その時をすごしながら母親をまった。

2.泉の中の記憶

山と湖が囲まれた場所に、 妖精の少女が身体を休ませようと降りてきた。 泉に映った自分をみながら昔の事を思い出していた。 さくらに木の下で出会える事を信じ 泉の上で休んだ。

3.未来行きの駅

ある駅で未来と過去にいける駅があるのをきいた。 彼は自分自身の未来を見ようと、その駅に行った。 後ろは未来へ、前は過去へ行く快速電車をまっていた。 電車が来ると急いで電車に乗った。 しかし、自分自身の影だけは 過去へ行くのが見えた。

4.迷路

森の中には、通る事のできない場所があった。 それを知らなかった妖精の王女は、 森の奥へ入ってしまった。 すると、鯉に乗った番人の妖精が現れた。 ここを通さないとばかり邪魔をした。 王女は困り果て、留まる事しかできなかった。 そして、自分の杖を使い時間を止め、 森の中へなんとか家に帰る事が出来た。

5.秋色の約束

すすきが秋風に吹かれる夕方、 ここでまた会おうと約束したあの場所に ある男の子が来た。 後になって女の子がきた。 二人は夕日が見える丘へとのぼり、 ずっと眺めていた。

6.星に託された願い

白い羽根の旅人から何年か経ち、 とうとう帰って来なかった彼のために彼女は、 必死に舞い踊った。 すると、祭壇に置いてあった壷から 水と火が飛出だした。 彼女は、村のみんなの願いが彼に届いて 願いが叶ったと思った。 彼の仕事は、果たされた。

7.幸福の窓

第50回 福山市美術展 努力賞受賞作品 この作品は、ある女性が自分の幸せを考えた時、 宇宙の空間みたいな広い心の奥まで入り、 少しずつ心の窓を開け、 扉をのぞきみながら自分の幸せを探していく。 そして、どんどん心の奥まで入り 開けられてない窓を探していく。

8.MOON DANCE

街の中で不思議な月がみえた。 女の子はダンサー。 ヨーロッパの街の中でダンスを踊る。 月の見える中で彼女は踊った。 彼女のまわりで 月の明かりと星の光が彼女を囲んだ。

9.The old clock forever

これは童謡。 大きな古時計を聞いて描きました。 おじいさんは、子供の頃からあった時計を 人生の最期まで 自分の時計を愛し、天国行っても 時計のネジをまわして動かしながら 時計を眺め、愛し続けた。

10.Ristrante

ある森の中に ぽつんとオープンしたレストランがありました。 そこでは、毎日季節にあった料理が たくさんだされていました。 秋になると 紅葉がレストランをつつみこむように 赤く染まりました。 シェフは腕に腕を振い、 来てくれるお客さんのために 温かい料理を出していきました。 いつまでも お客が絶える事がありませんでした。

古谷邦博 作品展情報

現在、展示予定はありません。

運営会社 株式会社ズームコーポレーション  プライバシーポリシー  利用規約