イラストレーション

笹田靖人【ささだ・やすと】東京都


笹田靖人 展示作品

1.生きるものへ

本当は、世界中が平和になってほしい。 しかし、それが出来ない世の中だから、 せめてこの鳥の前だけでも平和であってほしい。
サイズ/1030×728mm
使用画材/アクリル絵の具

2.毘沙門天

夜叉を率いて北方を守護する神と言われる毘沙門天。 肉体的にも、精神的にも強かったに違いない。 そんな私のイメージを現代版として描きおこした。
サイズ/1030×728mm
使用画材/アクリル絵の具

3.「HEAVEN」

人の死さえも人生の一部なのかもしれない。 そして、その人生の岐路で背を向ける人や、見る物全てが珍しくてカメラを取り出す人もいるだろう。 すべては、考え方次第なのかもしれない。
サイズ/1030×728mm
使用画材/アクリル絵の具

11.「Over the rainbow」

どんな小さな命でも生きる権利はある。 頼るものなく、独りぼっちのチンパンジーが、 一生懸命生きようとしている。 生きる事は、楽しいことばかりじゃない。後ろに聳える山のように険しい事もある。でも、虹の下にいれる事を嬉しいと想えたら きっと幸せになれる。
サイズ/1030×728mm
使用画材/アクリル絵の具

12.「強い気持ち」

人を愛する気持ち、夢を追う強い気持ち、 そんな大切な想いが、 自分の想いとは裏腹に諦めなければならない時。 その気持ちの間には、いつも強い気持ちが存在する。 強い想いは、トラで表し、 色々な切ない感情を色で表した。
サイズ/1030×728mm
使用画材/アクリル絵の具

13.「Wing」

ここに描かれた馬は大きな羽を使い、 いつも空を飛び回っている。しかし、人には見えない。 でも、チャンスという風になって私たちの前に現れ、 きっと大きな空に導いてくれるはず。
サイズ/1030×728mm
使用画材/アクリル絵の具

14.「Sing」

遠い未来に、 もしも人の欲望のまま地球上の物すべてが 変わって行くなら、言葉の喋れない動物達は どうすれば良いのだろうか? 済む場所がなくなったゴリラは、人がいない夜に静かに歩きだす。 そして、言葉の喋れないゴリラは、体全身からサインを人々におくる。
サイズ/1030×728mm
使用画材/アクリル絵の具

15.「麒麟」

「麒麟」という架空の存在ならではの未知な想像。 辞書に書かれてある言葉だけをたよりに 描きおこしました。 イメージとしては、青春を駆け巡る麒麟。
サイズ/1030×728mm
使用画材/アクリル絵の具

笹田靖人 作品展情報

●YASUTO SASADA
INNOCENT WORLD

全身で表現した笹田ワールドをお楽しみ下さい。

2016年1月8日(金)~
29日(金)
時間:11:00~18:00
場所:セゾンアートギャラリー
1F・B2F ギャラリー
http://sezonartgallery.com
東京都渋谷区神宮前3-6-7
TEL 03-6455-5840

・・・・・・・・・・・・

運営会社 株式会社ズームコーポレーション  プライバシーポリシー  利用規約