地域の街情報・アーティスト情報 「ストリーツ」公式サイト

日本画・細密画

谷脇哲也【たにわき・てつや】広島県広島市

谷脇哲也プロフィール

Prolfile

広島県広島市在住
1968年 愛知県豊橋市に生まれる
1991年 愛知県立芸術大学日本画科卒業
(卒業制作展にて桑原賞受賞・大学買い上げ)
1993年 愛知県立芸術大学大学院日本画専攻科修了
1994年 愛知県立芸術大学大学院研修科修了
1998年 観想の空間展出品(尾道市立美術館)
     個展 ギャラリー16(2000年・2002年・2004年 京都市)
     修羅の会 日本画展出品(1999年・2000年 広島三越)
2000年 龍の國・尾道展出品(尾道市立美術館)
2002年 個展 広島三越
2003年 「現代美術の在り方を問う」展出品(比良美術館 滋賀)
2005年 「主知と主情のはざま」展出品(比良美術館 滋賀)
2006年 個展 岡山天満屋
2008年 備後美術の作家たち展出品(福山天満屋)
2011年 個展 広島天満屋 八丁堀店
2014年 個展 天満屋 広島八丁堀アートギャラリー
2016年 個展 天満屋 広島八丁堀アートギャラリー

現在、無所属

谷脇哲也からのメッセージ

Message

谷脇哲也 花を描く日本画教室・スケッチ教室を開いています。
広島/中国新聞文化センタークレドビル教室 広島市中区基町6-78 基町クレド(パセーラ)10階
   TEL 082-962-4111
広島/ピカソ 本店 広島市中区堀川町4-7 TEL 082-241-3934
広島/ピカソ アートショップ 広島市西区井口5-22-11 TEL 082-278-5163
尾道/花を描く日本画教室(アイカ薬局内) 尾道市栗原西1丁目9-16 TEL 0848-20-0088

(詳しくは、各教室にお問い合わせください)
下記「あすか通信 No.21」のPDFをクリック
下記「あすか通信 No.20」のPDFをクリック
下記「あすか通信 No.19」のPDFをクリック
下記「あすか通信 No.18」のPDFをクリック
下記「あすか通信 No.16」のPDFをクリック
下記「あすか通信 No.14」のPDFをクリック

スイセンと父

記憶の森に分け入って、また父を探しました。
同じ思いを持っておられる方の胸に、どうか届きますように。

谷脇哲也

「中國新聞 2021年(令和3年)3月22日 (月曜日)」
<※この記事の掲載は新聞社の許諾を得ています。>

父と母

弁護士法人あすかが、編集・発行している冊子「あすか通信No.21」に、昨年の6月中國新聞に寄稿した「玄関の号外」の続編にあたる「父と母」を掲載してもらいました。
父を突然亡くし、私と同じ様な思いを持っておられる方が、きっといっぱいおられると信じて。

2021年 谷脇哲也

あすか通信表紙

弁護士法人あすかが年2回(夏・冬)
編集、発行している冊子「あすか通信No.20」の表紙に私の作品が掲載されていますので、ここに、ご紹介させていただきます。

夏のレターセット

今年は白いカラーの花で夏のレターセットを作ってみました。

2020年 谷脇哲也

玄関の号外

今年の2月に父が急逝しました。
何か父との記憶を残せないかと新聞に寄稿した記事です。

谷脇哲也

「中國新聞 2020年(令和2年) 6月22日(月曜日)」
〈※この記事の掲載は新聞社の許諾を得ています。〉

法廷スケッチ

あすか通信No.19(編集・発行弁護士法人あすか令和2年1月1日発行)の〈私の好きな法律モノの○○〉というコーナーに妻(弁護士)が「法廷スケッチ」についての考察を掲載しております。書くにあたって私も協力(アドバイス)しましたので、ここに、ご紹介させていただきます。

秋のレターセット

今年はどんぐりで秋のレターセットを作ってみました。

2019年 谷脇哲也

あすか通信表紙

弁護士法人あすかが年2回(夏・冬)
編集、発行している冊子「あすか通信No.18」の 表紙に私の作品が掲載されていますので、 ここに、ご紹介させていただきます。

秋のレターセット

この様な秋のレターセットを作りましたので、ここにご紹介させて頂きます。

2018年 谷脇哲也

第3回谷脇哲也 細密画展
2016年10月26日(水)~31日(月)
個展は無事終了できました。
ありがとうございました。

存在感はあるけれど同時に儚げでもある、そんな秋のバラを描きたいと思いました。
ぜひ、ご高覧賜りますよう、ご案内申し上げます。

谷脇哲也

作品:「黄色いバラⅠ」3号
場所:天満屋広島八丁堀 7階アートギャラリー
〒730-8540 広島市中区胡町5-22
時間:10:00~19:30
   ※最終日は16:00閉場
作家来場予定日:会期中終日
<お問い合わせ>
美術画廊・アートギャラリー
直通電話:082-246-5606

(2015年8月1日掲載)
あすか通信 No.11

表紙の花の絵、その意味は?

「友がみなわれよりえらく見ゆる日よ
  花を買ひ来て
   妻としたしむ」

 これは明治の歌人石川啄木の短歌で、僕の大好きな歌です。
 人は誰しも自信を失い自分の心が小さく小さくなるときがあります。僕も美術大学時代の友人たちの活躍を新聞や美術雑誌等で見ると「僕はいったい何をやっているんだろう?」と自分を見失ってしまう事ばかりです。このたよりない心は、いったいどこにつなげていれば良いのでしょうか・・・?
 でも、それでも「僕は、この啄木の歌に出てくる様な花が描きたいんだ・・・。」
とつぶやいたその声だけは、喧騒とした慌ただしい日常に決して消されてしまう事なく、妻の胸に届いて欲しいと願うんだ。

谷脇哲也

(あすか通信No.11表紙の作品によせて)

あすか通信 表紙

弁護士法人あすかが年2回(夏・冬)編集、発行している冊子「あすか通信No.9」の表紙に私の作品が掲載されていますので、ここにご紹介させていただきます。

谷脇哲也 コラム

奥さまは弁護士、このワルツを・・・

あまりにも速く流れる季節に、
僕は妻が弁護士になってどれくらいたつのかもうわからない。
 妻は、相変わらず毎日夜遅く、土日もほぼない。
 絵描きの僕も、売れてはないけど、いや、売れてないから忙しく、いわゆる日常生活というものは、完全に僕らには失われてしまった。
 いったい、いつまでこんな生活を続けるのだろうか?いや、続くのだろうか・・・?
と思ってしまうけれど、でも、それでも心の中のもう一人の僕が叫んでいるんだ!
 「このワルツ(生活)をいつまでも君と踊り続けたい、ただ、このまま静かな鼓動を感じていたいんだ!!」と・・・。

谷脇哲也

前回コラム 『奥さまは弁護士、それから・・・』

展示作品紹介

1. 「ピンクのバラ 1」

27.3×16.1cm
2014年制作

2. 「赤いバラ 2」

27.3×16.1cm
2014年制作

3. 「桃色のバラ」

27.3×16.1cm
2014年制作

4. 「紫のバラ 1」

27.3×16.1cm
2014年制作

5. 「薄ピンクのバラ」

16.1×27.3cm
2015年制作

6. 「白いバラ 2」

27.3×16.1cm
2015年制作

7. 「ピンクのバラ 1」

27.3cm × 16.1cm
2012年制作

8. 「ピンクのバラ 2」

27.3cm × 16.1cm
2012年制作

9. 「ピンクのバラ 3」

27.3cm × 16.1cm
2012年制作

10. 「ピンクのバラ 4」

27.3cm × 16.1cm
2012年制作

11. 「黄色のバラ 1」

27.3cm × 16.1cm
2012年制作

12. 「黄色のバラ 2」

27.3cm × 16.1cm
2012年制作

13. 「赤いバラ 1」

27.3cm × 16.1cm
2012年制作

14. 「桃色のバラ 1」

16.1cm × 27.3cm
2012年制作

15. 「桃色のバラ 2」

27.31cm × 16.1cm
2013年制作

16. 「紫のバラ」

16.1cm × 27.3cm
2013年制作

谷脇哲也 作品展情報など

2021年
「色鉛筆を楽しむ〜白い花を白い紙に」
白いカラーの花を、白い紙に色鉛筆で描くこつをお伝えします。さわやかに描いて夏に涼をとりましょう。
日時:6月28日(月) 13:00〜16:00
受講料:会員 4,620円
    一般 5,170円
材料費:300円
定員:5人
中国新聞文化センター
クレドビル教室
TEL:082-962-4111
広島市中区基町6-78 基町クレド(パセーラ)10階
受付時間:
月曜〜土曜 9:30〜18:30
日曜    9:30〜15:00
祝日休み

・・・・・・・・・・・・

中国新聞文化センター クレドビル教室内の展示スペース(広島市中区基町6−78 基町クレド(パセーラ)10階 電話番号 082(962)4111) )において、私の講座「色鉛筆で描く季節の花・静物」の受講生の方々の作品展示があります。講師の私も出品しております。
展示期間は4月〜9月までで、前期4月〜6月、後期7月〜9月に作品の入れ換えがあります。時間は月曜〜土曜9:30〜18:30、日曜9:30〜15:00 (祝日休み)です。
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい。
2021年 谷脇哲也

・・・・・・・・・・・・

運営会社 株式会社ズームコーポレーション  プライバシーポリシー  利用規約